読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永久機関としての日常

人形&雑貨制作◎高水佳乃のお知らせブログです

1年後の世界

東日本大震災から、1年。
あっという間の1年だったな・・。
あまりに衝撃の大きすぎる出来事だった。

1年ということで、テレビでは、津波の映像を頻繁に流しているが、
何度観ても、涙が流れる。
なんか、悲しいのか、怒りなのか、畏れみたいな気持ちなのか、よくわからんけど・・。
いろんな感情がごちゃまぜになった感じ・・。

そして、福島原発事故は、ショッキングすぎた。

放射能の問題は、この先、ずっと続いていくと思うし、背負っていかなきゃならん十字架だと思うし、
なんというか、これからの生き方を、真っ向から考え直すきっかけになったと思う。
もともと、ここ数年で、たびたび、今の生き方に「・・あれ?これでいいのか?」と感じることがあったのだけど、
まあこんな感じなのだろう、周りもそんな感じだしな、と、なんとなく自分で自分を無理矢理納得させてきたように思う。
でも、震災で、決定的に、変わった。
気持ちはかわった。
今、こんな状況になって、様々な社会システムがかわるときだと思う。
今の制度で、甘い汁を吸っている人間が上の方にいるかぎり、かわらないのか?という、絶望感もあるけど、
本やネットでいろいろ読んでいると、確実に、声をあげているひとたちがいるし、
今までの暮らしに、疑問を少なからず抱いていたひとたちの思いが、今回の震災で、大きなうねりになってきている気がする。
そして、自分自身、今まで、無知であったことは罪だったと、感じている。

震災で、亡くなったたくさんのひとたち、未だ行方不明のひとたち、今も仮設住宅で暮らしているひとたち、
家族や友人を亡くしたひとたちがいる。故郷に帰りたくても帰れないひとたちがいる。
あまりに不条理すぎて、あまりに悲しい。
復興が進みますように。
そして、世の中が、いい方向へ変わっていきますように。

世の中が変わっていくには、個人が個々に変わっていくことが必要だと思う・・。

広告を非表示にする